健康寿命と美に関する研究活動で培ったQOL(生活品質)の向上に役立つ情報をお届けします。
Ad
生乳由来ミルクIgGサプリメントのアイジージー ファーストミルプレミアム

オーストリア腫瘍学会会誌2004

最高の医療は愛

生物学的観点から見れば、ヒトは内因性及び外因性の障害の影響を受けた後にそれが長く続かない為の自己調節的で開放的、且つ消散的なシステムを有している。 しかしながら、長期にわたるストレスはその調節作用を困憊させ、そのシステムを凍結させたり混沌へと追い込んでしまったりする。 むしろ完全にリラックスした雰囲気で笑いがこぼれるような環境において、このヒトの自己調節作用は疾患を治癒させるのである。調和とは健康の意である。 疾患を持つ人は自身を癒す事が必要不可欠であり、その為にはくつろぎと調和に努めなければならない。 医師や治療専門家は、特に彼らが繊細で調和を促進させるような心の物差しを持っていれば、患者の自己治癒力を促進したり、補助したりできる。 長期にわたる内・外因性ストレスへの暴露が体の特定部位の回復を妨げ、腫瘍遺伝子発現における遺伝子的な変化を誘導し、悪性腫瘍の伸展をもたらす事に疑いの余地はない。 既に体の調節作用を失ったガン患者では、手術、化学療法、放射線療法などの腫瘍減少処置、病気の為に強いられる仕事や生活環境の変化、死への恐怖、将来への不安など全てが長期的なストレスをもたらす。くつろぎと調和が治癒を促進するのである。 これらの要素を念頭に置くと、社会、政治家、健康保険機構のみならず医師に対してもガンの治療向上のために何が必要なのか、という疑問がおのずと浮かんでくるのではないだろうか。 時は短く、結論が急がれる。 癌専門医より
«
»