健康寿命と美に関する研究活動で培ったQOL(生活品質)の向上に役立つ情報をお届けします。

オーストリア腫瘍学会会誌2002

巻頭言

Prof.Wolfgang Koestler M.D.,hons.D.
(ヴォルフガング・ケストラー 教授)

オーストリア腫瘍学会会長(President of the Austrian Society of Oncology) オーストリア腫瘍学会会長 ヴォルフガング・ケストラー 教授

悪性疾病に対する最適な治療法 — 情報の問題とは?

ガン患者と医療従事者には、共通して絶対に必要なものがあります。それは、診断手段および悪性疾患の治療に関する幅広い情報です。ここで求められる情報の量および質は、ユーザーによって様々であることは言うまでもありません。

氾濫する情報の中から重要なデータ、特に、診断や治療にすぐ役立つデータを探し出すことは、非常に難しい作業です。特に患者に対しては、医療従事者向けの専門用語を一般の方に理解しやすい表現で説明することが重要です。さらに、ガン専門医ではなくても、長年それぞれの専門を活かしガン患者を診察している臨床医に対し、適切な情報を提供することも必要です。この場合も、提供される情報の中で使用される表現・用語は、ガン研究の狭い専門領域で使用される用語をそのまま使うべきではありません。

“Help is effective if fast” これは「重要で、新規性があり、画期的な情報は、できるだけ速く日々の診療に組み込まれるべきである。」ということを意味しています。特に、悪性疾病の予防に関する情報は重要であり、医学の専門家は、あらゆるメディアを通じて、常にこのような情報を収集・発信する義務があるのです。

»