健康寿命と美に関する研究活動で培ったQOL(生活品質)の向上に役立つ情報をお届けします。

統合医療と補完代替医療

統合医療とは

統合医療とは

統合医療とは、一般的に西洋医療に補完代替医療を上手く取り入れた医療のことを指します。現代の最先端の医療は細分化の方向に向かっており、遺伝子、細胞、臓器各部の総和として身体を捉える傾向があります。したがって、患者さんによっては、各診療科の専門医の存在から得られる専門的な治療に対する安心感と共に、自分の健康を総合して評価してもらえないという不安を持つ方もいらっしゃいます。また、西洋医学、補完代替医療ともに利点・欠点があります。(「補完代替医療と西洋医学の比較」参照)

統合医療は、この優れた西洋医学を否定せず、なおかつ、心と体のバランスをとり、病気にならない体作りを目指す代替医療を取り入れ、患者さん中心の医療を目指すという考え方に基づいています。つまり、西洋医学と補完代替医療の欠点をお互いに補い合い、それぞれの利点を生かし、全人的ケアをすることを目的としています。

統合医療の重要性

近年、補完代替医療を上手に取り入れた統合医療の重要性が認識されつつある背景には、以下のような新たな問題点が生じたことが挙げられます。

  • 西洋医学のみでは治癒が難しい疾病の存在
  • 西洋医学による副作用
  • 心身のバランスの重要性の認識
  • 環境の変化への対応策(ストレス、環境汚染など)
  • 医療費の増大と保険制度の問題

など。

補完代替医療のいくつかはその有効性が認められ、既に保険適応されているものや、西洋医学と併用されているものもあります。しかし、「予防」という観点から保険適応されているものはなく、発症してから高額の最先端の西洋医療を受けているというのが実状です。補完代替医療は全てが安価で安全と考えられる傾向がありますが、なかには十分「効果」「副作用」が強いものや「保険適応外」という点から患者負担の高いものもあり、全てを何の評価もなく受け入れることには危険が伴います。しかし、上記の問題点を考慮した場合、適切な補完代替医療を取り入れることにより、「医療費」「西洋医学の副作用」「難病」など多くの問題の解決が期待されています。

「統合医療」「補完代替医療」の歴史

ーアメリカ合衆国ー

1960年代 「Alternative」または「Holistic」という考えが普及
1992年 アメリカ国立衛生研究所(NIH)内に代替医療調査室(OAM:Office of Alternative Medicine)が設置され、アメリカの代替医療の現状を調査、その有効性を分析
1999年 OAMが国立補完代替医療研究センター(NCCAM:National Center for Complementary and Alternative Medicine)に再編され、同研究センターより13の大学に年間約5,000万ドルの研究費が支出
2001年 NCCAMより年間8,600万ドルの研究費支出
2002年 NCCAMより年間1億ドルの研究費支出
2003年 NCCAMより年間1億7,000万ドルの研究費支出

※ 1997年のアメリカの調査では代替医療を求め来院した患者数は、1990年の調査から47%増加し、10人に4人が代替医療を利用しているとの報告があります。現在は50~60%の人が利用していると言われています。

ー中国ー

1956年 西洋医学が普及している中、中医学(漢方薬)の利点を見直すよう政府が方針を打ち出す
1981年 中国中西医結合研究会設立
1978年 政府機関として医学全体を統括する国家医学管理総局が設立
1988年 西洋医学と中医学を統括する政府機関、中華人民共和国国家中医薬管理局(SATCM:State Administration of Traditional Chinese Medicine)が設立 SATCMが統合医療を実施・研究している優良な病院11病院を承認例:江西省南昌中西医結合医院、天津市中西医結合医院(南開医院)、湖北省武漢市中西医結合医院、福建省福州市第2医院、湖南省中医薬研究院付属医院、上海中医薬大学付属岳陽中西医結合医院など 1990年 中国中西医結合研究会の名称が中国中西医結合学会(CAIM:China Association of Integrative Medicine)に変更となるCAIM www.csaim.org

※ 中国では統合医療のことを「中西医結合治療」「結合医学」「整合医学」と表記しています。
※中国での統合医療とは主に伝統的な「中医学(漢方薬・鍼・灸などを含む)」と「西洋医学」の統合であり、全ての補完代替医療が含まれるわけではないようです。
※中国の統合医療の現場では、漢方医師と西洋医師が1人の患者をそれぞれの立場で評価し、患者に最も適切な治療法を検討しています。教育の場でも、北京、上海中医薬大学などにおいて大学院で統合医療に関する教育が受けられます。

ー日本ー

1987年 日本ホリスティック医学協会(Japan Holistic Medical Society)設立
1990年 代替医療研究会発足
2000年 代替医療研究会発足が日本補完代替医療学会(JCAM:The Japanese Society for Complementary and Alternative Medicine)へ改名
日本統合医療学会(JIM:Japanese Society for Integrative Medicine)設立
聖マリアンナ医科大学と慈恵医科大学にて代替医療の教育開始
2001年 特定非営利活動法人 国際統合医学教育協会(IMA:International Integrated Medicine Educational Association)設立
2005年 日本腫瘍学会(OSOJ:Oncology Society of Japan)設立
「グッドヘルスコミュニケーションズ」発足

※ホリスティック医療:ホリスティック「Holistic」は「全体的」「バランス」などと訳され、人間を全体的に診る医療をホリスティク医学と呼んでいます。つまり、西洋医学のみならず、補完代替医療などを分け隔てなく組み合わせ、患者全体を健康にする統合医療と同義に解釈されることがあります。
※日本でも、近年、代替医療関連の学会が数多く立ち上がり、研究支援を行なっています。当会は、一般の方々に統合医療を正しく理解して頂くための情報を提供する場として発足しています。

統合医療の課題

補完代替医療のエビデンス

西洋医学と併用する際、どのような療法を取り入れるかという基準は、現在、日本にはまだありません。補完代替医療の中で、長年実施され知名度の高い療法でも、「経験」によってその効果が左右されることがあるため、治療に取り入れることを躊躇する医師が多いのも実情です。したがって、長い歴史のあるものから最新の療法まで、多くの療法においてその効果が検証され、また、実践的教育がなされることが普及の鍵と考えられています。

保険制度

国民皆保険という日本の保険制度において、漢方薬、柔道整復など一部の補完代替医療においては、健康保険が適応されています。しかし、他の補完代替医療においては、保険適応が認められていないため自己負担となっています。補完代替医療の効果や適切な選択基準などが確立し、健康保険において保険適応される療法が増えることが「統合医療の発展」には非常に重要と考えられています。

また、アメリカにおいては補完代替医療についても、費用の償還をする生命保険会社が多くなってきているようですが、日本では補完代替医療を受けた際の費用をカバーするものはほとんどありません。ヨーロッパの教育システムなどが導入される今日、「統合医療」を視野に入れた商品が期待されています。

教育制度

日本の医学部のカリキュラムで、補完代替医療を取り入れている大学はまだ数校で、アメリカ、中国、ヨーロッパと比較しても非常に遅れています。臨床においても、第一線で活躍する医師を含む医療従事者の中には、その重要性を認識し、補完代替医療またそれを利用した統合医療に関する教育を望む人が増えてきています。しかし、補完代替医療や統合医療のしっかりとしたカリキュラムを持つ「教育の場」は、今までほとんどありませんでした。ヨーロッパでは、補完代替医療に関する多くのエビデンスがあり、それを利用した統合医療に関する教育が普及しています。そのヨーロッパでの確立された統合医療の研修プログラムが、2005年6月に発足した「日本腫瘍学会」によって導入されることになっています。この、オーストリア腫瘍学会が提供している教育プログラムの日本への導入は、今後の統合医療の礎となると思われます。

情報提供:イムノリサーチ

«
»