健康寿命と美に関する研究活動で培ったQOL(生活品質)の向上に役立つ情報をお届けします。

統合医療と補完代替医療

ヨーロッパにおける統合医療

アメリカは統合医療に対する考え方が日本より10年進んでいると言われていますが,そのアメリカの臨床医が最新の情報を求めるのはヨーロッパで,統合医療に関してヨーロッパはアメリカよりもさらに10年進んでいるとも言われています。ヨーロッパの医学部では,漢方(ハーブ)や栄養学など統合医療に必要な知識が必須科目として教えられます。

日本からアメリカの大学への留学や学会への参加者は多いですが,ヨーロッパとの関係においては言葉の問題もあり交流が少なく,臨床医学関連でも情報が少ないのが実状です。その結果,現状ではヨーロッパの統合医療の情報が,アメリカを経由して日本に導入されている状況とも言えます。

日本腫瘍学会では,ドイツ腫瘍学会,オーストリア腫瘍学会と連携する事で,ヨーロッパの最も進んだ統合医療に関する考え方や治療方法を直接日本に導入する事が可能となりました。本NPOでは日本腫瘍学会から最新の情報を日本の皆様にいち早くお届けします。

«