健康寿命と美に関する研究活動で培ったQOL(生活品質)の向上に役立つ情報をお届けします。

免疫細胞療法

超特異的リンパ球群連射治療

「超特異的リンパ球群連射治療」は、複数のペプチドワクチンで刺激した特異的キラーリンパ球を誘導することにより、 様々な顔を持つがん組織への対応を可能にした威力とスピード性を兼ね備えた免疫細胞治療です。
従来の混合型リンパ球治療(NKT細胞・NK細胞・キラーT細胞・ヘルパー細胞の4種混合リンパ球治療)よりも短期間で効果的な治療を受けたい、 経済的にも優しい治療を受けたいというニーズに応えるために新システム(パッケージ化)を開発しました。

超特異的リンパ球群連射治療は、2~4週間後には画像診断や腫瘍マーカーなどによる効果判定が可能です。 一刻も早く腫瘍の縮小を希望される患者様、2~3か月も治療効果の評価が待てない状況にある患者様にお勧めしたい治療法です。

超特異的リンパ球群連射治療パッケージ
  • 即効性
  • 難治性がんに対応
  • 治療回数と治療費を抑えられる
超特異的リンパ球群連射治療 超特異的迎撃システム
  • 腫瘍抗原が複雑化しているがん細胞に対して効果が期待できる
  • CTLの弱点を補うようにプログラムされている
  • いろいろなタイプのがん組織への攻撃が期待できる
»