健康寿命と美に関する研究活動で培ったQOL(生活品質)の向上に役立つ情報をお届けします。

がんと免疫

ペプチド・分子標的樹状細胞療法

効率的な免疫力アップが期待できる最新治療

免疫細胞療法にはいくつか種類がありますが、
その最先端を行くのが「ペプチド・分子標的樹状細胞療法」です。

免疫細胞の中でもっとも重要な細胞の一つに樹状細胞(Dendritic Cell ; DC)があります。この樹状細胞はがん細胞の情報(抗原)をキャッチし、 ほかの免疫細胞にがん攻撃の指令を出す、いわば免疫の要といえる役割を担っています。2011年にスタインマン博士が長年の樹状細胞研究の功績によってノーベル賞を受賞したことでも話題になりました。

「ペプチド・分子標的樹状細胞療法」はこの樹状細胞のもととなる単球を患者さんの血液から採取し、体外で培養します。 その際、樹状細胞をただ活性化するだけでなく複数のサイトカインや人工抗原、免疫賦活剤独などで改良。 ペプチドワクチン(※)と分子標的薬(※)の特徴を備えた「ペプチド・分子標的樹状細胞」にパワーアップして患者さんの体内に戻します。

●ペプチド・分子標的樹状細胞療法のメリット ペプチド・分子標的樹状細胞療法のメリット プルミエールクリニック院長 星野泰三先生

がんを効率的・選択的に攻撃するという分子標的薬の良さと強い抗原認識力でがんに接着するというがんペプチドワクチン療法の良さを兼ね備えています。 副作用がほとんどなく、毎日投与する必要もありません。治療後は増強された「自分の免疫力」でがんを退縮、あるいは消失させることを目指します。

がんペプチドワクチン療法とは

免疫細胞の1種であるキラーT細胞はがんの表面にあるたんぱく質の小さなかけら(ペプチド)を目印に、がんを攻撃します。 この性質を生かし、がんペプチドを投与してキラーT細胞を活性化し、がんの増殖を抑えようとする治療法が「がんペプチドワクチン」療法です。 副作用はほとんどなく、がん進行の抑制やQOLの向上などが期待できます。ただし、患者さんの樹状細胞が弱っていると望んでいるような治療効果を得ることは難しいようです。

分子標的薬とは

分子レベルでがん細胞の特異な性質をキャッチし、それを標的にしてがんを攻撃する薬です。

«
»