健康寿命と美に関する研究活動で培ったQOL(生活品質)の向上に役立つ情報をお届けします。

血管新生

紫外線を浴び過ぎた皮膚は「しわ血管」を引き起こす

紫外線を日常的に受けている「顔」は、体の他のどの部位よりもしわやその他の老化に関わる現象が早く現れます。これまで多くの科学は、真皮に存在する繊維成分(コラーゲン及びエラスチン)の損傷がしわ形成の主たる原因であろうと指摘してきましたが、しわ形成のメカニズムは、実のところ未だ明らかになっていません。

近年、紫外線を浴び過ぎた皮膚では太い毛細血管が異常に増え、それがしわの発生に関連しているということが分かりました。これは光損傷によって起こる、新しい光老化メカニズムの可能性として世界中の科学者の研究対象となっています。

これから先は会員のみ閲覧可能です。
«
»