健康寿命と美に関する研究活動で培ったQOL(生活品質)の向上に役立つ情報をお届けします。

血管新生


血管新生は多くの疾患に関わっており、血管新生のコントロールは様々な病気の治療ターゲットとして注目を集めています。ここでは血管新生と各疾患の関わり、その対策をお伝えします。



血管新生に関するまとめ

さまざまな病気の根本原因!「血管新生」とは?

近年、血管新生はさまざまな病気で生じ、しかも、それぞれの病態の進展と密接に関連することが明らかとなってきました。血管新生が関わる疾患は70種以上にもなります。様々な疾患に関係する「血管新生」とは?その基本機能をお伝えします。

がんの増殖や転移を止めるカギは「血管新生」

がんは新しく作られた血管(新生血管)を介して、栄養や酸素の取り込み及び老廃物を除去し成長すると共に、その血管を使い転移します。

関節リウマチ、変形性関節症にも潜む血管新生の働きとは!?

血管新生は、関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis; RA)、変形性関節症という関節疾患にも実は関係しています。

紫外線の刺激が皮膚の血管新生を引き起こす結果とは・・・

人の皮膚は日々太陽の紫外線(UV)や赤外線にさらされており、その刺激は皮膚の血管新生を引き起こすと言われています。

紫外線を浴び過ぎた皮膚は「しわ血管」を引き起こす

紫外線を浴び過ぎた皮膚では太い毛細血管が異常に増え、それがしわの発生に関連しているということが分かりました。

その眼の疾患、根底原因は血管新生かも!?

血管新生は、糖尿病性網膜症、加齢黄斑変性症、水晶体後線維増殖症、角膜血管新生、血管新生緑内障を含む多くの眼科疾患にも関連しています。

肥満にも関係していた!血管新生の働きとは

脂肪組織が成長する初期段階では、脂肪生成は血管新生と深く関わっています。