健康寿命と美に関する研究活動で培ったQOL(生活品質)の向上に役立つ情報をお届けします。
いつまでも健康で美しく
あるために
~ 健康寿命と美をテーマに活動しています。~
栄養学的な視点から現代生活をサポートする研究活動で培った QOL(生活品質)の向上に役立つ情報をお届けします。
健康寿命と美をテーマに活動する、特定非営利法人グッドヘルスコミュニケーションズ

腸内環境の改善のカギを握る腸内フローラ

近年の研究により、IgA,IgG等の免疫グロブリンが腸内フローラ(腸内細菌叢)の改善に大きな役割を果たす事が明らかになってきました。 そして腸内フローラの改善を介し、「第二の脳」と呼ばれる腸の環境を良く保つ事により肥満、糖尿病、肌の若さ、がん予防の他、アレルギーやうつ病等に対して高い機能性を発揮する事が期待されています。

腸内フローラとその関連する疾病等 腸内フローラについて詳しくはこちら

設立趣旨

NPO法人グットヘルス・コミュニケーションズは、栄養学的な視点をベースに機能性食品分野、薬学、東洋医学(経絡等を含む)、近代医学を通して人間の健康と生活の質(QOL)を維持するためには、各分野においてどの様なコミュニケーションが必要かを常に考えています。

健康であることが人生において重要な要素であることは、病気をした時に、皆さんも経験があることと思います。

NPO法人グットヘルス・コミュニケーションズは、生かせる健康情報を、ワールドワイドに収集し、検証、研究、皆様と考えながらコミュニケーションして行くことを目指して設立されました。学び続けることが教養であるように、共に学び続けてゆきたいと考えています。

平成17年8月吉日
特定非営利活動法人
グッドヘルスコミュニケーションズ発起人一同